【実家の片付け】NGワード

実家の片付けを始められているラッキーな人に向けて、私が実家の片付けで失敗したNGワードをお教えします。

これだけは絶対に言わないでくださいね。

他にも人によってNGワードがあると思います。

でも、まずは全員に共通するNGワードをご紹介します。

スポンサーリンク

最後に誰が片付けると思っているの?

こんなひどいこと言う人いる?と思うでしょうが、どれだけ頑張っても報われないと、出てしまいます。

「最後に片付けるのは誰だと思ってる?」

でも、意外にも、このワードは言ってしまっている人が多いです。

実家の片付けに必死になっているのは、自分だけ。親たちは捨てたくない、しんどい、いつか使う、使っている、などと言って全然変わらない状況にだいたいの人はイライラします。

この言葉を言って、良いことは1つもないです。

家族以外の人に言われるのは、響くと思いますが、家族に言われると両親は傷付きます。

暮らしにくいでしょう?

こんなに汚くしていたら、こんなにものがあったら暮らしにくいでしょう?

大きなお世話ですよね。暮らしにくいなんて一言も言ってないのに、勝手に決めて発言していました。

両親が、別に暮らしにくくないよ、と言ったら、そんなことはない!と自論をぶつけていました。

親は変わらないことが暮らしやすいんです。

せっかく手伝ってあげてるのに

忙しいのに手伝ってあげてるのに、もっと頑張ってよ。

とこれまた、手伝って!と言われていないのに言ってしまいました。

手伝っているんではありません。両親が怪我をしないためでもありますが、自分の将来のためでもあります。なので、手伝ってあげている、などどは思わないようにしましょう。

なんでこんなの買ったの?もったいない!

なんでこんなの買ったの?もったいないわ。って人のお金の使い方に口を出せるほど自分はちゃんと使えているの?って感じですよね。

両親が必要だったから買ったのです。

勿体無いかどうかは両親が判断すれば良いことでした💦

いつ使うの?

この言葉は、いつ使いますか?なら全然違うニュアンスなんですよね。

いつ使うの?は「の」に力が入っていて、完全に責めている口調で言いました。

どうせ使わないくせに、置いておくつもり?と暗に言っていますし、それも両親に伝わるように言っていました。

恐ろしいですよね。

使うというなら置いておけば良かったんです。何を聞いても「全部使います」と言い張られてしまうことになりました。

NGワードを言ってしまったら

私が言ってしまったNGワードですが、実家の片付けをしたことがある人は、これらのNGワードを言いそうになったことがあるはずです。

もしかしたら、言ってしまったことがあるかもしれません。

言ってしまったことがある人は、しっかり謝りましょう。

これしかありません。

私も謝りました。

家族の間でギクシャクしてしまうのは残念です。

時間の流れが違う

両親の時間の流れ方と、自分達の時間の流れは全然違います。

両親たちの時間の流れは早く流れているので、のんびりしているようで、本人たちにとっては、あっという間に過ぎてしまっています。

急かしたりせずに、ゆっくりと接することが大事です。

片付けはしたほうが良いですが、無理にするのではなく、少しずつ少しずつゆっくり進めましょう。

だから、出来るだけ早くから始める方が良いです。

実家の両親が歳をとると言うことは、自分達も歳を取ると言うことです。

体が動くうちに少しずつしておくことをお勧めします。

私の実家は、怪我をしない程度に片付けしてもらえました。

でも、まだまだ直置きが多くて、心配なところも多いですが、急かさず少しずつ進めていこうと思っています。

実家の片付けは遠く大変な道のりです。

気を長く持って、両親の気持ちを優先して片付けしてくださいね。

ケガをしない程度に片付ける、と頭に叩き込んでから始めましょう(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

投稿者プロフィール

山本 裕子上質な暮らしアドバイザー
夫婦二人賃貸暮らし
片付けを通して意識改革をしてもらい、今よりワンランク上の上質な暮らしをご提案しています。
自然派、シンプルライフをしながら横浜を中心に片付け作業、講演会、講座をして活動しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク