【掃除】をすると生き返る家

逗子・葉山駅から歩いて20分くらいのところにある蘆花公園の中にある第一休憩所、第二休憩所のお掃除のボランティアに行ってきました。

家や建物は掃除をしてあげると生き返ります。

スポンサーリンク

掃除の大切さ

掃除って面倒な人も多いと思います。

私もしなくても良いならしたくないです。

でも、放ったらかしにしていると、空気が澱んできます。

今回はボランティアでお掃除をしてきたのですが、この場所は、たまに市民の方が使われているらしいです。

市民の方が使われているだけあって、パッと見た目にはきれいです。

もちろん埃や蜘蛛の巣はありますが、それでも休憩で使用するには問題ない程度です。

問題は隠れている部分

問題はむしろ隠れている部分です。

押入れ、キッチンの食器棚など。

昔はよく使われていたそうですが、今では全く使われなくなっています。

押し入れは蜘蛛、カメムシ、ヤモリなどのいろんな生き物が住んでいました。

埃も湿気も大変なことになっていて、とても中のものは使えそうになかったです。

押入れからモノを全部出して、中をほうきで履いて、掃除機をかけて、風を通します。

ふすまが建て付けが悪くなって全部開かないところもあり、拭き掃除は全部できませでしたが、風を通すだけでも全然違います。

モワ〜っとしていた空気が少しずつスッキリして、2日目には押入れの中の空気まですっかり変わっていました。

キッチンも

キッチンは、使わない食器がたくさんあって、使ってないのに置いてあって、管理が大変になっていました。

食器って重いので掃除をするのにものけたりするだけで一苦労です。

使えない扇風機もありました。

きれいに見えるキッチンですが、実は使わないものだらけでした。

ここに写っているポット、お鍋、三角コーナー、やかん、青いケースに入った大量の食器は全部不用品でした。

ポットは使えないものばかり。このキッチンはコンロがないので、お料理ができません。

なので、お鍋ややかんも不用品でした。

三角コーナーはカビだらけだったので、捨てました。

ここには洗剤とスポンジだけになりました。

食器棚も必要最低限のものだけ。

使っていないので、これでも多いですが、地震などの避難所(津波、洪水はもう一つ上の休憩所だけ)としても使われる予定があるそうなので、少しだけ置いておくことになりました。

こんなにゴミが

こんなにゴミが隠れていました。

これだけのものが家からなくなると、本当にスッキリします。

見えない部分のゴミでしたが、取り除くだけでお家が喜んでいるように感じました。

ボランティアでお掃除

今回はボランティアでお掃除でしたが、スッキリとした気分を味わうことができました。

掃除がすごく好きなわけではありませんが、やってみると本当に気持ちが良いです。

お掃除が終わると、お家も嬉しそうですが、人も嬉しそうになるのが不思議です。

空気が変わったお家って、心地よくなるので、くつろぎたくなります。

心地よい場所って人を優しくする気がします。

お掃除ってやっぱり大事だな〜って思いました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。良かったら応援をよろしくお願いいたします。

投稿者プロフィール

山本 裕子上質な暮らしアドバイザー
夫婦二人賃貸暮らし
片付けを通して意識改革をしてもらい、今よりワンランク上の上質な暮らしをご提案しています。
自然派、シンプルライフをしながら横浜を中心に片付け作業、講演会、講座をして活動しています。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)