片付けに正解はない

片付け作業に行くと、収納に何も入っていないことが多いです。

その理由の中でたまに収納の使い方がわからなかったり、収納するものがわからないから入れられなかった、というのがあります。

スポンサーリンク

正解が知りたい

正解を教えてほしい、という人がいます。

でも、正解なんてありません。

片付けには、何通りもの方法がありますし、それぞれの家庭でも違いますし、それぞれの人でも違います。

10人いれば10通り。100人いれば100通り。

みんな持っているものが違います。そうすると、収納の中にれるものも違います。

ルールは自分

ルールは自分で好きに作ったらいいんです。

自分が好きなように、使いやすいようにするのが良いんです。

でも、

でも

でも〜

自分が使いやすいようにってどうすれば良いのかわからないって思いますよね?

使うところに使うもの

大事なのは、これだけ。

使うところに使うものがある、って言うのが使いやすいです。

必要なものを取り出しやすく、戻しやすく収納する。

難しく考える必要はないです。

使いづらかったら、場所を変えたら良いだけ。

一度やってみる、って言うのが良くて、何度も失敗しながら自分が気持ち良い場所に収納できるまで楽しんでほしいです。

自分に合った方法で

ズボラでめんどくさがり屋さんなら、蓋付き収納や、中身が見えない収納は向いていません。

綺麗に見せたい気持ちがあってどうしても蓋付き箱収納がしたいのであれば、蓋付きの箱を買っておいて、元に戻すことに慣れて、家族全員ができるようになってから、蓋を閉めるようにしましょう。

まずは元に戻すことに慣れることが大事です。

自分の性格や家族の性格をしっかり把握した上で、収納用品を選んだ方が片付けが上手くできるようになります。

私の失敗

私も夫もめんどくさがり屋さんで、元に戻すのはなかなかできないです。

それなのに、箱収納がカッコよくてやっていました。

で、結局、箱の蓋は外して使うことになりました。収納の中はそんなに綺麗ではないですが、お部屋の中は散らかることがなく、綺麗になりました。

まずは理想も良いんですが、自分ができるところまでハードルを下げることもとっても大事です。

家族にも意見を聞く

家族がいるなら、収納についてちゃんと意見を聞きましょう。

それだけで片付き方が変わります。

自分だけが納得するような収納を作ると、自分は片付けられても家族が片付けられなくて、一人イライラすることになります。

せっかく片付けたいのに、家族が片付けてくれないと、お部屋が散らかってしまいます。

どうせなら、家族全員で元に戻せるようにしたほうが、綺麗が長持ちします。

自分の正解が家族の正解じゃないかもしれません。

なので、正解なんてないんです。

みんなで正解を作ってほしいです。

家族全員で歩み寄って正解を見つけると、全員が片付けやすくて、誰か1人に負担がいくこともないです。

ママや奥さんが1人で片付けしているより、家族みんなが少しずつ片付けをすると、短時間で片付けができます。

みんなでお家を綺麗にすることで、家への愛着も出ます。

家族で住むお家は家族で綺麗にするのが一番です(๑>◡<๑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです(^-^)

投稿者プロフィール

山本 裕子上質な暮らしアドバイザー
夫婦二人賃貸暮らし
片付けを通して意識改革をしてもらい、今よりワンランク上の上質な暮らしをご提案しています。
自然派、シンプルライフをしながら横浜を中心に片付け作業、講演会、講座をして活動しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク