秘書的年間家事

毎年、この時期から何度か年間家事のお話をします。

どうしてこのこのお話を10月に入ったらするのか?

それは、大掃除が3ヶ月後に控えているからです。

では、家事を効率よくこなすための秘書的年間家事のお話をしていきます。

秘書的年間家事

私の家の年間家事表

家事は年間で計画的にしなくちゃいけないです。

大掃除は大変でしんどいと思いますか?本当はそんなことないんです。

もちろん年末は年始を迎えるにあたって、煤払いのようなことはしないといけませんが、大掛かりな掃除は必要ないです。

このやり方をすれば誰でも必ず大掃除が楽になります。

年間で家事を計画的にしていきます。そんなに難しいことはなくて、1回ちょっと面倒な計画を立ててしまったら、あとはその通りに動くだけ。

  • 毎週すること
  • 毎月すること
  • 月毎にすること

を決める。

毎週すること

私のお家の曜日ごとの家事をご紹介します。

月曜日:玄関、玄関周り

火曜日:キッチン、コンロ周り

水曜日:洗面所、お風呂、トイレ周り

木曜日:観葉植物、家具

金曜日:収納

土曜日、日曜日:予備日

何これ?

こんなこと毎日?と思うかもしれません。

毎日ここをしっかりするわけじゃないです。適当なんですが、ちょっとだけいつもより念入りにお掃除します。

毎日するのは床をクイックルワイパーでサーっと拭いたり、サッと拭いたりするだけ。


月曜日を例にとってみます

毎日:こんな風に朝は昨日の靴が置いてあります。それを毎日ちょこっとお手入れして靴箱にしまいます。その後にクイックルワイパーでサーっと掃き掃除します。

月曜日:毎日のお掃除が終わったら、ドアノブを拭いて、ドアの外側と内側を拭きます。最後に玄関のたたきをアロマ水で拭きあげて終わり。気になったところがあったり、ちょっと時間があれば、さらにすることもありますが、だいたい30分では終わるくらいにしています。


こんな風にいつもより少しだけ念入りにする場所を1週間に1回だけするようにしています。これだけでお部屋中がなんとなく綺麗になります。何曜日にどこの場所を掃除するかは自由。でも、毎週同じ曜日に同じことをするのが良いです。

別に好きなところを掃除してもいいのですが、ちゃんと場所を決めていると、朝から何も考えなくても良いので楽に始めることができます。この決めなくてもこの曜日はここをちょっとすれば良いっていうのが頭を使わなくて良いんです。「何かを決める」ってことは意外にも大変なんです。だから、最初から決めてあげるのが大事。

ここいらないなって思ったら別の場所に変えてもOK。規則じゃないので、ゆるい感じでやってみてください。

毎月すること

毎月1回することを決めます。

うちでは、

窓拭き、ベランダ、靴箱、調理家電、調理器具、食器棚、冷蔵庫、洗濯槽、お風呂、洗面所、トイレ、家具拭き、コンセント、本棚、フィルター、換気扇、カーテン、ベッド関連、巾木、歯ブラシ交換など

があります。

これをリストにしておいて、1ヶ月の間にやっていきます。

別に忘れてしまったら、それはそれでOK。でも、リストにしておくと、毎月忘れる、ってことはなくなります。なので、1年間の間に何度か掃除することになります。

そのリストには1ヶ月に1回することを全部書いておくと忘れなくて済みます。うちは歯ブラシ交換などを書いています。

月毎にすること

1月:シンク下、コンロ下、お部屋のフィルター、お正月飾りの片付け、七草粥、鏡開き

2月:靴箱、食器棚、節分、ひな祭り準備、バレンタイン、義父誕生日

3月:チェストの中、ひな祭り、お雛様片付け、ホワイトデー

こんな感じで月毎に掃除にする場所を決めて、1年で全部のお掃除が満遍なくできるようにします。そうすることで、簡単に大掃除ができるようになります。

狭いお家なら2回やっても良いし、1か月にする回数を減らして楽をしても良いし、そんなに頑張らなくてもいいくらいに設定してみて、できそうならもうちょっと増やすようにしてみてください。

家事表の作り方

見やすくまとめた表を作ると場所も取らないですし、やることがわかりやすいです。

まずは曜日ごとにしたい家事を考える。月に1回したほうが良い家事を考える。最後に月毎にする家事を考える。ついでに家族行事や季節行事も書き込んでおく。

年間家事表

こんな風に1枚にしておくと、何をすれば良いのかよくわかります。これを、クリアファイルに入れておいて、ホワイトボードマーカーでチェックします。月が変わったら消してまた使います。1枚作ったら何年も変更しない限り使えます。

クリアファイルに入れてホワイトボードマーカーでチェックを入れる
クリアファイルに入れてあるので、ホワイトボードマーカーで書いても簡単に消すことができます。

こうしておくと、やり残したところがすぐにわかりますし、それを来月重点的にしても良いです。日々、大事なお仕事、お子さんのこと、家のことを考えていたら、掃除をいつしたのかなんてことなんて忘れてしまいます。チェックすることが大事です。

月毎の大事なことを書いておけば、

「あ。来月は甥っ子ちゃんのお誕生日だから準備しておこう♪」

「お歳暮の準備をしておこう」

みたいな感じでちょっと前から考えることができます。これが意外にも便利です。毎年、することが決まっているのであれば、書いておけば忘れずに済みます。

私は、この表を作る前は、お誕生日を忘れていたり、年賀状を書い忘れていたり、慌てて準備したりしていました。

それがこの1枚のおかげで全然忘れなくなりました。ぜひ作ってみてください。

まとめ

年間家事表を作成したら、家族が見えるところで、目立たないところに貼って、毎日見るようにしてくださいね。

1週間に1回の念入りお掃除

毎月1回のお掃除

月毎のお掃除、家族行事、季節行事

を考えてみて、表を作成してみてください。

こんな簡単な表を1枚作るだけで、家事のプロみたいになれます。がんじがらめになる必要はなくて、できなかったら次にすれば良いや、って感じにしておくとしんどくなりません。表を作っても同じようにはできない時もありますし、めちゃくちゃ忙しかったらできないこともあります。

ちょっとでもやっておくと、毎回のお掃除も楽になりますし、大掃除はしなくて済みます。年末年始はクリスマスも重なって、日本人はめちゃくちゃ忙しいです。ちょっとでも楽ができるように、スケジュールしてみてくださいね。

投稿者プロフィール

山本 裕子上質な暮らしアドバイザー
夫婦二人賃貸暮らし
片付けを通して意識改革をしてもらい、今よりワンランク上の上質な暮らしをご提案しています。
自然派、シンプルライフをしながら横浜を中心に片付け作業、講演会、講座をして活動しています。