片付けリバウンドしないコツ2つ

片付けられない人、片付けが苦手な人、せっかく片付けたのにすぐにリバウンドしてしまう人に。

片付けのリバウンド、経験している人も多いと思います。私も昔は何度もリバウンドしていました。

それは、私がやり方を間違えていたからです。

リバウンドしない方法はちゃんとあります。

その方法は2つ

  • 自分に合ったシステムを作る
  • 習慣にする

です。

これだけですが、この2つ意外と難しいです。

でも、ちゃんとすればこの先一生片付けに悩まなくて済みます。

システムを作る

システムってなに?って思うかもしれません。

これは、使いやすいように整理整頓をする、ということです。


システムの作り方は

  1. 誰がどのお部屋を使い、どうやって過ごしたいのかを具体的に考える
  2. 必要なものだけにする
  3. 使いやすく収納する

この3つなのですが、これが難しいです。


誰がどのお部屋を使い、どうやって過ごしたいのかを具体的に考える

真っ白な状態で考えたほうが上手くいきます。今ある物、今のお部屋割りをちょっと頭からのけておいて、全く真っ白な状態で考えてみてください。

  • リビングで何をしたいのか
  • 寝室ではどう過ごしたいのか
  • クローゼットの理想はどういうものなのか
  • 子ども部屋はどうしたいのか
  • 玄関、洗面所、トイレはどういうのが使いやすいのか

ここをしっかり考えることで、「2の必要なものだけにする」が簡単になります。

そして大事なのが優先順位も決めてください。

欲張り過ぎるとモノが溢れます。

自分にとって(家族がいる人は家族にとっても)何が一番したいことで、何が大事なのか。

それをしっかりと考えてみてください。

必要なものだけにする

「1、誰がどのお部屋を使って、どう過ごしたいのか」が具体的に決まると、必要な「モノ」が決まります。

必要なモノは決まるのですが、それでも捨てたくない、とか勿体無い、とか思って捨てられない人も多いと思います。

そこで、力を発揮するのが、「優先順位」です。

人の時間には限りがあります。24時間365日。それも永遠ではありません。

時間はとても大事なモノです。これを有効に使うためにも、無駄なものは排除するほうが良いです。

それでも迷う場合は、そのモノが「自分の心を豊かにするかどうか」で決めてください。

自分の心を豊かにするものは、置いておく意味があります。

でも、ただなんとなく置いておく。将来使いそうだから置いておく。

そういうものが増えると、結局自分がしたいことが見えなくなります。それこそ人生が勿体無いことになります。

使いやすく収納する

そのやり方が分からないんだ!って声が聞こえてきそうですね。

でも、必要なものが決まって、必要なものだけになると、そんなに大変なことではなくなります。

片付けの作業を100としたら、80%は1と2で終わります。あとの20%が収納です。

注意することは

  • 使うところに使う物を置く
  • 収納の中になるべく収める
  • 動線を考える
  • 難しい収納にしない

こんなところです。

ここまでできればリバウンドしにくいシステム作りは終わりです。

次はせっかくリバウンドしにくい片付けのシステムを作ったのですから、これを維持していきたいですよね。その方法をお伝えします。

習慣にする

習慣ってとっても楽に行動することができます。

毎日、朝起きて歯を磨いて、顔を洗うと思います。それは習慣になっているから出来ていると思います。

あ!10日間歯を磨くのを忘れてた!とはなかなかならないと思います。

習慣にするだけで持続するのがめちゃくちゃ楽になります。

なので、片付けも習慣にして欲しいです。

「そんなのやりたくても出来なかったから、散らかっているんだ!」と思ったあなた!

習慣にできる方法があります。

習慣はすぐには習慣になりません。初めはちょっとだけ頑張ってみてください。

習慣にしていることの前後に片付けをする習慣を挟み込む。

  • 朝、歯を磨く前にベッドメイキングをする
  • 洗面所を使ったら、使ったタオルで鏡を拭く
  • 洗濯をする前にタオルでお部屋の額の上を拭く
  • 帰宅後着替える時にバッグを定位置に置く
  • 寝る前にリビングダイニングとキッチンのリセットをする

など。

自分の習慣にしていることの前にちょこっと何かをするようにします。

一気にする必要はありません。私は1つずつ増やしました。

3日、3週間、3ヶ月が挫折しやすい時期です。ここを乗り切ってください。

1番初めにしたのは、寝る前にリビングダイニングやキッチンをザーッと見てリセットするようにしました。これがめちゃくちゃ気持ち良いです。

スッキリした気持ちで寝られますし、朝起きた時の気分が全然違います。

綺麗なリビングやキッチンを朝一に見られたら、気分が上がります。朝から洗い物が残っていたり、汚いリビングを見たら、ドッと疲れが出るような気がしませんか?

これをしているだけでも1日1回綺麗になるシステムが出来上がります。

ずーっと片付いている必要はありません。人が暮らしていたら、散らかることもあります。でも、しょっちゅう片付けばかりしているのも時間の無駄ですよね。

1日1回でも綺麗にすることができるようになっていれば、いつでも片付けることができます。

習慣を1つずつ増やしていけば、簡単に片付けや掃除ができるようになります。そうなると、時短になります。

何をしようかな?どうやって片付けようかな?

こんな風に考える時間をなくすことができるからです。

習慣に上手くできなければ、違う習慣の前後につけてみたり、違うことを習慣にしてみてからもう一度挑戦してみるようにしたり、工夫してみてください。

まとめ

システムを作って、習慣にする。

簡単なようですが、初めはちゃんと頑張らないとできません。

システムを作って、3日間まずやってみてください。

システムも習慣も、1度作ってみてから、使い心地を試してみて、どんどん使いやすく変えてみてください。1度作ったものは変えられない、というわけではありません。何度でも変更可能です。

自分にしっくりくるやり方ができたら、それを習慣にしてみてください。

簡単に、一生綺麗でスッキリした生活をすることができ、気持ち良く暮らすことができるようになります。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

投稿者プロフィール

山本 裕子上質な暮らしアドバイザー
夫婦二人賃貸暮らし
片付けを通して意識改革をしてもらい、今よりワンランク上の上質な暮らしをご提案しています。
自然派、シンプルライフをしながら横浜を中心に片付け作業、講演会、講座をして活動しています。